アーリービーチからホワイトヘブンビーチへ、ベストシーズンはいつ?

ワーホリ
スポンサーリンク

白い天国?と勘違いしてしまう名前ホワイトヘブンビーチ。綴りはWhite Haven Beachと書いて「白い港」だよと語学学校の先生に言われましたが、White Heavenと書いているサイトもあるので、本当のところはわかりません(笑)

アーリービーチに訪れる観光客の100%がこの場所を夢見てくると思います。私は三度この場所を訪れましたが、何度行っても飽きない美しい場所です。

アーリービーチまでの行き方【アーリービーチ観光】
ハミルトン島やホワイトヘブンビーチの最寄りの街で有名な場所、アーリービーチ(エアリービーチとも言う)にはどうやって行けばいいの?と言う自力で行きたい人達のために移動手段をご紹介したいと思います。意外と知らない人も多いので。 移動手段は...

ベストシーズンはいつ?

12月のクリスマス〜4月くらいまで雨季に当たるのでこの時期は来ない方がいいでしょう。と言っても日本の梅雨のように1ヶ月ずっと降っていると言うわけではありません。短期旅行の方は注意した方がいいです。

ベストシーズンは5月から12月頭。

私が9月下旬に行った時は猛毒を持つジェリーフィッシュがいないシーズンだったので、スティンガースーツなしで泳げました。しかし日差しが強い割に水温が意外にも低く寒かったので、あまり冷たい海で泳ぎたくない人には不向きです。

スティンガースーツを来てもいいから温暖な海がいい人は10月~12月の頭まで、逆に日差しが温かいなら海で泳ぐ時は冷たいくらいがいいと言うなら5月~9月がおすすめです。

サメはいるのか?

ホワイトヘブンビーチ自体にはサメは出ないです。ビーチですからね・・・ただその周辺でシュノーケリングする人は心配になると思います。

アーリービーチに滞在していた時巨大なサメが出現したと言うニュースを1度だけ見ましたが、そんなニュースで大騒ぎしているくらいなので、普段あまりサメを見ないのだとも言えます。パラオなんて普通に毎日サメを見るんで。

ちなみに小ザメは普通にいます。

2つのツアー体験談

Cruise Whitsundays

クルーズウィットサンデーはこのアーリービーチで一番大きいクルーズの会社です。サービスはまぁまぁと言ったところなのですが、学校に長く在籍していると、団体客価格で安く先生が予約してくれる上、みんなと一緒に行くことができるのでこのツアーに参加。半日で$80ぐらいだったと思います。

集合場所

アーリービーチにある港、Port of Airlieから船が出航します。クルーズ船は特に特筆することがない、「うん、クルーズ船だ」と言った感じです。船酔いを心配しましたが、1時間も経たない内にホワイトヘブンビーチに到着するのでなんとかなりました。そして現地で待っていた景色がこれです。

ん?思ったより綺麗じゃない?そうなんです。手前の自分たちがいるところは晴れていたのですが、奥の方の空は曇っていて、ちょっと色がスキッとしない感じ・・・。私の写真では全くこの美しさが伝わりません。現地で見た時は十二分の美しさでした。

ランチはBBQ

現地に到着すると食パンにソーセージを挟んだオージースタイルBBQが始まります(ドリンクは購入制)たしか何回でもおかわりできたような(笑)

遊ぶ道具が必要

私は海を泳いだり、写真を取ったり、学校の友達が持って来ていたボールやフリスビーで遊んだりしました。

この海岸に来るだけのツアーだともしかしたら時間を持て余すかもしれませんので、みなさん何か海で遊べるものを持ってくることをおすすめします。

日焼け止め

そしてここの紫外線はアーリービーチの10倍なんじゃないかと思うほど異常です。白い砂浜に紫外線が反射するんでしょうか・・・普段使わないような強力な日焼け止めを持って来てください。

スティンガースーツ

この時は猛毒のジェリーフィッシュ(クラゲ)シーズンだったので、海で泳ぐ場合はスティンガースーツを着るように言われます(上画像) しかし期待して海に入っても毒クラゲ君は見当たりませんでした。潮の満ち引きによって彼らも移動するので、たまたまいない時間帯だったんでしょうね。

私はラッシュガードを持ってきてましたが、スティンガースーツの方が安全です。分厚さが違います。頭まですっぽり隠れる構造(見た目は全身タイツみたいだけど・・・) 指も出し入れできます。

感想

このツアーは本当にホワイトヘブンビーチにただ行って帰ってくるコースなので、シュノーケルなどのアクティビティが欲しい人には物足りないかもしれません。私は初めてこのツアーに参加したのと、学校の友達と一緒に行けたと言うのが価値が高かったです。

水上飛行機からHill Inletを眺めるツアー

このツアーの名前と会社名を知る手段がありません・・・なぜならその当時付き合っていた韓国人の彼にインターネットで予約してもらったからです(爆)確か$230くらいでいけるツアーだった気がします。

集合場所

この小さいボディが離陸しているのを間近で見るだけでも楽しい

Whitsunday Airport から飛行機が飛びます。この空港はJetstarなどの飛行機が飛ぶ場所ではなく、レジャー用の小型飛行機が飛ぶ場所です。アーリービーチから空港まで10分と言ったところです。

ですが大概この空港を使用するツアーは自宅まで送迎があったりしますので、要確認です。私の場合は行きだけ送迎がありましたが、他のダイビングに行く友達らは帰りも送って貰っていました。

パイロットからの注意事項を聞いてから搭乗します。私達の他にオーストラリア人ぽいカップルの二人とCAのようなお姉さん、パイロット2人の7名で乗ります(すごく贅沢・・・)

Hill Inletからの眺め

はい、またもや私のカメラ技術ではこの良さが活かしきれておりません(涙)

この日は本当にいいお天気だったので、写真日和だったのですがこの体たらくです。少し満ち潮だったかなと言う印象ですが、それでも美しさがとどまるところを知りませんでした。

ツアー会社が載せている写真よりも本物が美しいです。もう少し引き潮であれば真っ白な砂浜がWorm(ミミズみたいな笑)のように姿を表します。

White Heaven Beach に到着

水上にそのまま着陸する姿は圧巻

ホワイトヘブンビーチまであっと言う間です。30分もかかったかな?と言う感じ。

この日の水の美しさは完璧なCrystal Clearだ(水晶のように透き通っている)と言っていました。

この時は9月でJelly Fish(クラゲ)がいないシーズンだったので、スティンガースーツなしでも泳げます。が、クラゲがいない=水の温度が冷たいので泳ぐのは程々にして、CAさんが用意してくれたパラソルの中でぼーっと海を眺めていました。

このツアーは飛行機に乗って帰るまでの時間が半日も使わないくらい所用時間が少ないので、ランチはなし。午前中に行って午前中に帰る、と言う感じです。

感想

このツアーには概ね満足でした。シンプルなツアーでしたが、念願だったこの水上飛行機に乗れて満足でした。

最後に

その他にも紫色のボディが派手なCamira Sailingやスピードが出て乗りごたえのありそうなOcean Raftingや、本当に様々なツアーがあります。シュノーケリングができるものや、スカイダイビングをする人、ヒルインレットを散策するツアーや本当に様々です。ハートリーフに行くツアーも人気でした。

Ocean Raftingでホワイトヘブンビーチに行く半日ツアーは$90前後で行けるので、なかなか手頃な値段で行くことができます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました