海外に住むと鬱が治る?海外の生活はどうして幸福度が高いのか

海外
スポンサーリンク

どうやったら人は幸福になれるのか?幸せの条件ってなんなんだろう、とオーストラリアから帰ってきて色々と考えることが増えました。

タイトルにあるように、海外に滞在してる時ってめっちゃ幸せなんです。たとえ彼氏がいなくても、お金がなくても、貧乏な生活してても、やることがなくても、すごく幸せ。

え、ワーホリとか留学なんて幸せで当たり前じゃない?と言う意見があると思うんですが、例え日本で1年ホリデーがあっても同じくらいの幸せは味わえないと思うんですよ。色々とその理由について考えてみました。

気候が違う

365日晴れてるよーなんて言われるくらい晴れの日が多い地域がオーストラリアはあります。その代わりかなり肌が乾燥しますが、お洗濯も数時間で乾くし、自分の性格もなんだかさっぱり明るくなったような気がするんです。

言葉が違う

これは私の英語力が問題なのですが。

友達になる人のほとんどが言葉が違います。どうしても英語が母国語でない人は、母国語が話せる人と一緒に陰口をシェアする傾向にあります。悪口を英語で聞いてもどの程度ネガティブな感情を持っているのかが伝わりません。

英語のネイティブも、私たち非ネイティブにはわかりづらい裏の話しをしてきたりしません。話しかけてきても私の英語が至らないのでニュアンスがわからないことが多いです。

私は彼らの闇の部分をまだ知らないと言うことが、オーストラリア生活をさらに美化してしまうのかもしれないと思います。

自分と似たような価値観の人に出会える

自分が楽しいと思うことをやっていれば、同じ考えの人が集まるんだと思うんですね。私のように、異文化を知りたい、英語を勉強したい、日本にあるような娯楽に目もくれず、外の世界を見てみたい、と言う好奇心を持った人。たとえなんのキャリアにもならなくても、人生一度きりだから、自分のやりたいことをしたい、と思った人達。

私にとってそう言った価値観を持つ人との出会いは宝物で、今でも心の支えになっています。

フレンドリーな人達ばかり

海外で出会う人は本当にフレンドリーな人が多いです。もちろん個人差はありますが、日本人ほど社交的になると言うことに、海外の人たちは抵抗を感じていないように私は感じます。

それが東南アジア系の人でも、中国人や韓国人でも、西洋人でも。彼らはコミュニケーションの重要さをとても理解していて、ことあるごとに私を気にかけて話しかけてくれます。コミュニケーションは人との繋がりを感じられる些細な愛情表現だと彼らは知っている。

それが全く見知らぬ人からでも、誰かと繋がっていると言う安心感を与えてくれます。

昔のとんがっていた頃の私には、その重要性に気がつきませんでした(だからフラれる・・・)

いちいち他人と比べたりしない

これは価値観の部分とかぶるのですが、日本にいた時ほど他人の人生と自分を比べることをしなくなります。なぜか海外では自分は自分、他人は他人、と言う線引きがすごくしやすいです。いろんな人が、いろんな価値観を持っていて、それぞれが違う生き方をしている。

日本にいると、女性は収入のいい男性と30歳までに結婚して、子供産んで、子供が育ったらパートか仕事を初めて、という決まった道しかないみたいな雰囲気がある。30歳までに結婚してなかったら大丈夫?と心配されるような始末。

でも誰もがそんな順風満帆な人生を送れるわけではないと思うし、人には人の、自分には自分のペースがあってもいいと思う。私は人生に楽観的なタイプではないですが、自分ではどうしようもないくらい悩んでいる人達に、追い打ちをかけたくありません。

この先の将来が心配だから結婚する、と決めている人を私は否定しません。

ただ、私は人生の選択をする時、恐怖に煽られて何かを決めることはしたくない、と思っています。

心から自分の人生を楽しんでいると思えた時、自分にぴったりの人に出会えると思っているからです。そうやって生きている人間がここにいます。たとえ世間に白い目で見られても、自分の正しいと思ったことをやりたいと思っています。

他人の価値観も肯定しながら、私は私の価値観を肯定します。自分の人生を他人と比べて悲しくなるのは、どちら一方に優劣をつけて否定をしようとするからです。

私達はどんな存在であってもいいんです。どんなに惨めに感じても、結局はみんな同じ、ただ一つの命と人生なんです。それなら自分が自分を愛してあげられる生き方を、選ぶ方がいいんです。

最後に

ワーホリはただのホリデーでなんのキャリアにもならない。デメリットにしかならない、と言う人がいます。もちろん日本ですでにキャリアを築き上げて来た人からしたらただの無駄な空白の期間かもしれません。

でも私はワーホリと言うきっかけがなければ長期で海外に滞在することはなかっただろうし、生きづらい日本で辛い思いを抱えながら鬱々とした生活をずっと送っていたかもしれません。

ワーホリが無駄な時間だと言うのであれば、留学でもいい。もし私と同じように日本での生活が息苦しいと感じる人がいるなら、思い切って外に飛び出して見て欲しい。そしてできればそこで違う考え方を持った友達を作ってみて欲しい。

きっと新しい自分の世界が開けるはずです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました