【悲報】入学したビザ取り学校が閉校(close)した後やったこと

留学
スポンサーリンク

自分の通っていた学校が、自分が通学中にcloseしたと言う記事があまりなかったので、今回は私が学ビザを取るに至った経緯と、学校がcloseしてしまった時の話しをして行こうと思います。

なぜ学ビザを取ったのか

2年のワーホリが終わって日本に一時帰国した私にはインドネシア人の恋人がいました。彼はまだオーストラリアに滞在していて、付き合ったばかりの私は、とりあえず観光ビザで戻り、やはり離れ離れになるのが悲しくて学ビザを取りたいと思うようになりました。

若気の至りだなぁと今では思います苦笑

しかし彼は農家で働いていました。滞在する場所はもちろん田舎なので、私が通える学校がありません。なので通う日数の少ないビザ取り学校を探しました。

情報収拾に力を尽くしたのだが

学ビザで滞在していると言っていた台湾人や韓国人に片っ端から連絡を取りましたが、返事をくれなかったり、紹介してくれたエージェントも、「今年から厳しくなったから週に1回ブリスベンに来ないと行けない」と言う返答が多く、(2018年の時点で法律が代わり、週5日学校に通わなければならなくなっていたので、それでも好条件だった)

諦めかけていただのですが、メルボルンにある日本のエージェントに連絡すると「1校だけ条件を満たす学校がある」との返事。時間が1ヶ月しかないにも関わらず入学手続きをしてくれた。

入学したものの課題について行けず

その学校はブリスベンにあり、科目はビジネスアドミニストレーションと言うめっちゃお堅い分野でした。その当時私は追い詰められていて、「ビジネスだろうがなんだろうがやったる!」とやけっぱちになっていました。

その学校は通信制の学校で、入学時のオリエンテーションだけブリスベンに行き、あとはインターネットから月に1度課題を送るだけでいいとのことでした。

この課題がかなりネックで、100%問題に正解していないと延々と再提出を求められます。先生も限られた時間で採点するのですぐに返答をくれません。

まず問題の意味自体を理解するのがかなり困難で、「いやーこれかなりやばいぞ」と言う匂いは入学当時からプンプンしてました。

ブリスベンまで呼び出し

半年後に課題の50%がこなせていなかったら呼び出し後、ビザの取り消しの可能性と聞いていた私なのですが、ここで言う50%と言うのは1年分の50%。つまり今までの課題100%を完璧にできていないとだめなんですね。

学校のマネージャーに呼び出しをされるまでなんとか頑張ってみたものの、結果は惨敗。泣く泣くブリスベンに行くことになりました。

しかしマネージャーに会うと、「これは全生徒共通なんだけど、課題の内容が変わりました。以前より簡単になっているから、1月の始めの週までに100%クリアならビザは取り消されない」と言ってくれたので私は早速自分の滞在していた場所に戻り課題を進めました。

なかなか採点してもらえない

課題は確かにかなり簡単になっていて、1週間もしない内に全ての課題を提出することができました。なのに、担当の先生からのフィードバックが遅い。いくら簡単だからと言って、間違いがあって100%未満になってビザ取り消しは嫌なのに・・・。

心配になって電話を何度もしました。しかも私はその時マンゴーの仕事をして全身重度のマンゴーアレルギーになり、ホスピタルに行って薬をもらっても全く回復する見込みがなかったので日本に帰国する、しないと言う決断を迫られていました。

もし私の課題が至らなかった場合は、最悪ブリスベンに行って先生と一緒に課題を修正する方が安全なので日本に帰るかどうか迷っていました。

なのでマネージャーに「フィードバックがなかなかもらえなくて困っている。学校は12月中旬には閉まるし、私も緊急事態で日本に帰らなければならない」旨を伝えると担当の先生から「あなたの課題はなかなか良いできだから多分大丈夫よ」と言って頂き、その言葉を信用して日本に帰りました。

年明けTPSからメッセージが届く

12月中旬、学校が終わる最後の週に連絡をしました。と言うのも、フィードバックがまたもや全然帰って来なかったからだ。マネージャーに連絡すると「わかった。そしたらビザ担当に連絡してこの課題の期限を1月末までに伸ばしてもらうわ」と返事が来た。

これでちょっと一安心だと思い、年越しをゆっくり過ごしていた時だった。TPSなる機関からメッセージが届いていた。

ん?学校がcloseしてる!?すぐに転校する手続きか、転校する意志がなければTPSを通して授業料の返金を行うことができる、という内容のものでした。

返金手続きはとても簡単でした。私の銀行口座の情報と私がエージェントに授業料を払った証拠と、エージェントが学校に支払った証拠を提出して1週間程でお金が支払われました。ちなみに私は学費に$6,800(52週間分)払い、その内の$1,700が返ってきました。

その後ビザはどうしたの?

VEVOで私のビザの状態を見ると、まだ学生ビザのままになっていました。返金をした時点でビザが変わる可能性もあるようです。

エージェントやイミグレーションに、どうやったらこれ以上滞在できるのか?観光ビザなどで滞在することはできないかなど聞いてみましたが、

・学生ビザから観光ビザに更新する場合は学校を問題なく卒業した証明証が必要になる。

・現時点で観光ビザを利用したい場合は一度オーストラリアを出る必要がある(必ず入国できるかどうかは保証しない)

・転校手続きをして学校を卒業したら観光ビザを更新することができる

と言う答えが返って来ました。私のケースでも観光ビザを取れないことはないが、非常に危険であることをビザに詳しい人に聞いてから、ここは素直に日本に帰ることにしました。一連の出来事で心が折れていた私は転校する気持ちにもなりませんでしたしね トホホ・・・

やらないで後悔するよりやって後悔

後に友人から聞いた話しでは、ブリスベンには韓国人、台湾人御用達の学校がまだまだあるらしく、2019年の時点でも年に1回しか行かなくていいビザ取り学校があったみたいです。金額もかなり安い金額でした。

違う友人からも、私と似たような条件の学校で通信制の学校に3年通うよーと言う知らせを学ビザを取った後でもらいましたイチゴファームのコントラクターとピッキングをしながら更に家賃収入でお金をせっせと稼いでいるようです。お金を稼いで専門学校を卒業して永住権を狙うと言っていました。

学ビザを取ってファームで稼ぐ人と言うのは一定数います。その人達からエージェントや学校の情報をもらうのが一番手取り早いです。一部の人達はビザを持っていないカモフラージュの為嘘を付いていたのか、教えてくれませんでしたけどね・・・

ただ金額が安いからと言って、私のケースのようにcloseしてしまうなどのトラブルは覚悟の上で申請する必要があります。

総合的に見ると学生ビザはマイナスの面が大きいですが、やらないで後悔するより、やって後悔する方を選びました。今でもあまり学ビザのことを後悔していません。オーストラリアにまだもうちょっといたいよーと言う欲求もあの時は大きかったですしね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました