ワーホリでエージェントを使う必要はあるのか?【オーストラリア】

ワーホリ
スポンサーリンク

ここではワーホリに必要な手続きの手助けをしてくれる無料エージェントの活用法と、現地に着いた時に仕事を紹介してくれる有料エージェントは使うべきなのかについて記述して行きます。

無料エージェントの場合

私がワーキングホリデーをしていた頃は今のようにインターネットでなんでも調べられる時代ではなかったので、エージェントを調べるのも大変でした。

私の場合はビザの申請は本を読んでやりました。

オーストラリアdeワーキングホリデー 最新版 (この国deワーキングホリデーシリーズ) | 小野田宗高(SOH)とワーホリ仲間たち |本 | 通販 | Amazon
Amazonで小野田宗高(SOH)とワーホリ仲間たちのオーストラリアdeワーキングホリデー 最新版 (この国deワーキングホリデーシリーズ)。アマゾンならポイント還元本が多数。小野田宗高(SOH)とワーホリ仲間たち作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。またオーストラリアdeワーキングホリデー 最新版 (この国d...

しかし書籍の情報は古いことも多いですし、本の内容は全てインターネット上で調べることができるものなので買う必要はありません。

Googleで「オーストラリア、ワーキングホリデー、ビザ、申請方法、2019」と検索すればすぐに申請する方法が出てきますし、英語の意味がわからなくても10分で申請は完了します。

なので私個人の意見としてはエージェントを使うか使わないかは「時間を短縮するか」「お金を節約するか」という個人の好みになってくると思います。無料で使えるエージェントはお金も節約できて時間も短縮できる最善の方法なので使った方がいいでしょう。

私の場合はケアンズにあるAICさんに大変お世話になりました。

日本にも東京・横浜・名古屋・大阪に支店があるのでオーストラリアに渡る前に準備をしたい場合は日本の支店にホームステイや語学学校の手配などをして貰えますし、疑問に思うことを先に質問しておけます。

またケアンズのAICのエージェントさんを訪ねる人の中には「ファームの情報はありませんか?」と聞かれる方もいます。

私も一度メールで問い合わせてみたことがあり、優良なバナナファームについての情報をいただいたことがありました。

オーストラリアに来てすぐの頃は人脈がないので、なるべく情報をもらう為にこう言った無料で手に入る情報は貪欲に取りに行った方がいいです。

また現地エージェントなら銀行口座の申し込みをする際に住所を使ってもいいよと言ってくれたりもします。住む場所が決まっていないけど、銀行口座はオーストラリア到着して1週間以内に申請した方がスムーズなので、早めにエージェントに足を運んで銀行口座を開設をした方がいいです。

できれば銀行口座はNABのように銀行口座維持費のかからない口座がいいですが、ケアンズの場合はANZに日本語の話せる中国人スタッフがいるからおすすめだよとAICさんから勧めてもらい、私はANZで口座を作りました。

英語があまりわからない場合は、日本語で質問したり説明してもらった方が安心です。スーパーアニュエーションの口座についても丁寧に説明してくれました。

有料エージェント(ファーム)

ワーホリ生の中でセカンドを取るためにファームの情報が欲しい人がいると思います。インターネット上でファームの仕事を紹介している人の中に有料エージェントがあります。私が知っているのはAZITと言う会社です。

この会社は以前ボーエンのズッキーニのパッキングシェドの仕事や(台風が来てからは募集していません)サンダルウッドファームの仕事、マンゴーの仕事等を紹介していました。

私は実際に利用していませんが、このタイプのエージェントを使うのはリスキーではあります。

紹介料が必要

有料エージェントなので当たり前ですが、紹介料を先に払います。ズッキーニの仕事は紹介料$500でした(稼げる期間によって多少上下するようです)

韓国人も同じエージェントを使っていて、彼らは紹介料$200程度でした。なのでもし韓国人の友達がこのエージェントを通して仕事を紹介してもらうのであれば、一緒に手配して貰えば同じ金額で紹介してもらえると思います。

ウェイティングの可能性がある

その$500を支払ってファームに直行しても、ウェイティングの可能性があります。過去にこの会社を利用した人が$500払ったのに2週間待たされたと言う話も聞きました。その2週間の間に同じような仕事を探せたんじゃ・・・と思うとちょっとしんどいです。

住む場所が汚い

住む場所が指定されている場合が多いと思います。ボーエンの場合はめちゃ狭くて汚いバッパーでした(台風で壊れて今では綺麗なホテルになりました)韓国人の女の子に聞くと「まぁお金貯める間だけだから」と言っていたので、耐性があるかは個人差があるでしょう。たくさんお金を稼ぐためだからと割り切れる人には大丈夫でしょう。宿代も$90前後でかなり安かったです。

どんな職場かわからない

そのファームがペイスリップをくれるかどうか、ウェイティングしなければならないか、どのくらい稼げるかは最低限エージェントに聞きましょう。

しかし結局そのファームがどれくらい身体的に辛い仕事なのか、人間関係が良い場所か(差別的な雇用者かどうか)などは実際に行ってみないとわかりません。

$500も払って入った手前、嫌な職場だと、すぐに辞めるのが嫌でずるずるとそのファームで働き続ける言うこともありえます。せっかくのワーホリ生活なら楽しい職場で働きたいのにというジレンマを抱えます。

しかしそんなリスキーなエージェントを利用することにもメリットはもちろんあります。

時給の仕事ばかり紹介している&稼げる

サンダルウッドやマンゴー、ズッキーニの仕事はどれも時給の仕事でした。しかもサンダルウッドに関しては$25以上の時給でした。マンゴーも場所によればもしかしたら時給がいいかもしれません。

ズッキーニのパッキングは最低賃金でしたが(当時$22)週$1000~週1200稼ぐ週も多く、地元で一番優良だと言われているラグビーファームよりも稼いでいました。欠点はシーズンが短めで、5月から始まって8月末には終わります。

今このファームはどうしているのか情報がある人は教えて欲しいです・・・

仕事を探すストレスがない

これは大きいメリットかもしれません。お金は働いて取り戻せばいいですが、ファームの仕事を1ヶ月も探してまともな仕事を得ることができない人もいるのが現実。貴重なワーホリの1ヶ月をファーム探しで使ってしまうのもちょっともったいないです。

エージェントを使えば語学学校に通っている間に連絡をとって、卒業する頃に紹介してもらえるファームがあれば依頼する。上手く行けば移動して最短1日で仕事にありつけます。

車がなくても確実に仕事が得られる

住む場所は指定されますが、ファームまでの送迎(有料)がある職場に飛ばされるので車の心配をしなくていいです。

なかなか悩ましい選択です

有料エージェントに関しては人の足元見やがってー!と思うかもしれませんが、1週間で$500取り戻せる仕事を紹介してくれる可能性が高いので、下手にバッパーに仕事の旋回を頼るよりはいいかもしれません。

バックパッカーは仕事を探している人達から家賃を取ることで儲けているので、仕事がないのに仕事があると言って偽って滞在させようとする悪徳バックパッカーもあります。

有料のエージェント(有給インターンシップ)

憧れのリゾート地にある星付きのホテルでの勤務も紹介している有給インターンシップの紹介をしてるエージェントですね。

こちらもまた日本人と韓国人で金額が違いました。日本人は半年契約で紹介料$1500くらいしますが、韓国人経由だと相場が$900くらいでした。

有名どころではMystageさんですね。

メリットデメリットはファームのエージェントとそんなに変わりませんが、違いを上げるとしたら

  • 住む場所がファームに比べて清潔
  • 寮+食事付きが多いのでお金が貯まる
  • 季節に関係ないのでホテルが人材を欲しい時から働ける
  • 英語環境
  • 英語のテストとインタヴューを受ける必要がある
  • ビザが6ヶ月以上残っていなければならない(職場を探す期間も含めて実質8ヶ月必要です)

なかなかエージェントを使うのはギャンブルではありますが、ワーホリは12ヶ月間、セカンド合わせて24ヶ月間しかいることができません。後でエージェントを使っておけばよかったなと思うくらいならエージェントを先に使って失敗して、その後自分で仕事を探すことはできます。

これは人それぞれの考え方かなと思います。

渡豪する前にプランニングをする

ワーホリ年間通してのプランニングも大事です。

もしホテルで働きたい、セカンドも欲しい、語学学校にも行きたい、と言う3点セットの人の場合は

セカンドをまずゲット(その間に日常英会話が少し身につく)

自分が行きたいホテル周辺で語学学校に通う(英語のブラッシュアップ)

語学学校に通いながらホテルの求人に応募してみる+友達にホテルの仕事の情報をもらう+エージェントにも同時進行で仕事を聞いてみる

セカンドを先に取ってしまえたら雇用側も長くワーカーを確保できるのでメリットがありますし、先に語学学校に言ってファームに行って帰ってきてとするより行動がブツ切りになるのを避けることができます。語学学校に行きながら現地からもネット上からも仕事探しをするのがベストです。

まぁ、一番いいのはセブ島かどこかで英語を勉強してからオーストラリア来てすぐセカンドをゲットすることかもしれませんが・・・現地の学校に行くと仕事の情報も入ってくるので1ヶ月くらいなら私はオーストラリア留学に前向きです。

お金やプランニングに囚われすぎないこと

ワーホリの一番の目的は何なのか、と言うことを大事にしましょう。

時間を節約してなるべく効率よく経験を得たいなら多少お金を使うことも視野にいれたらいいし、

エージェントを使わずに自分一人でどこまでやっていけるのか挑戦してみるのもいいと思います。要は自分が楽しければそれでいいと思います。

自分で仕事を探している時の人脈作りもそれはそれで楽しいです。エージェントからは聞けないようなディープな話しもそこにはあったりします。

楽しいワーホリライフを送ってくださいね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました