アロマコーディネーターが選ぶ本物のオーガニックコスメorシャンプーのブランド厳選3選

ナチュラルライフ
スポンサーリンク

自然派と呼ばれるコスメやスキンケアの化粧品はこの10年でかなり増えましたが、まだまだ私の中で本当に不純物の少ないオーガニックコスメはなかなか見つからないなぁと言うのが本音。

アロマコーディネーターなんだから自分で全部作っちゃえばいいじゃない?と以前は思っていたのですが、自分で一人分の化粧品を作るとなると材料が余ってしまい、酸化した材料は結局廃棄してしまったり、返って自然環境にも経済的にもよくないので、最近は既製品に頼っています(苦笑)

その中でも私が本当に心の底からおすすめできるスキンケアブランドを紹介します!

オーガニックボタニクス

こちらはイギリスに本社がある会社。もともと私はこの会社のオーガニックの精油を使っていたのですが、日本販売代理店の女社長の美しさに惚れ込んでスキンケアにも興味が湧いて使い始めました。社長本人もベジタリアンで自然をこよなく愛するナチュラルな方です。

創始者のセシル・リッチフィールド氏が、自分の敏感肌の原因は化学合成製品であることに気がつき、皮膚や髪、体に害を及ぼすような化学成分をできるだけ使わずに自宅キッチンで作り始めたのがきっかけ。

どの化粧品も香りに不自然なものが一切ありません。その化粧品が本当に天然の物を使っているかどうかは成分表を見るのが一番良いですが、精油の香りを嗅ぎ慣れている人は香りを嗅いでみるのが一番手っ取り早い。

ビューティーソープ

香りもさながら、洗い上がりもさっぱりとしています。でも乾燥すると言った感じはありません。毛穴の汚れも落としながら、引き締め効果もあるので、毛穴ケアとして○ きめ細やかなお肌になります。

モイスチャライジング ミディアムライト

米ぬかに含まれるγオリザノールは天然の紫外線防止作用があるとされています。通常の日焼け止めクリームはお肌にかなりの負荷をかけてしまうので、普段室内で過ごしている人が塗ると逆効果。

10分や20分の外出に使うならこのくらいの柔らかな作用のものがいいです。メイク下地としても使えます。

オーガニックボタニクス公式HP

みんなでみらいを

私はノンキャリーオーバーと言う言葉をこの会社の社長に教えてもらいました。

どんなに無添加と表示されている化粧品でも実は原料にBHAやBHT(いずれも酸化防止剤)、農薬等が持ち越された原料が使用されていることがほとんどです(その中には発ガン性物質が含まれていることもある)

しかし製造する時に使われていなければ表示義務がないため、それでも無添加と書かれているのが現実。本当は農薬や酸化防止剤が、材料として仕入れる時点で添加されています。これがキャリーオーバー。

みなさんが想像する本当に何も不純物が入っていない化粧品を買うと言うのはかなりハードルが高いことなんですね。

そんなノンキャリーオーバーに拘った社長が作った化粧品。使ってみたくなりませんか?

無農薬・無化学肥料で作られたゴーヤ濃縮海水スキンケアローションや米ぬか美容オイルはなかなか他のオーガニック系のブランドではお目にかかれない一品です。

コズミックアトマイザー

モデルさんの間でも話題になったコズミックアトマイザー。水道水を入れるだけ!?がキャッチコピーのこのアトマイザー。

結局人間の体に必要なのは水であって、その水分子を究極まで細かくしてくれるのがこのセラミック。普通の化粧品は合成物質が多く含まれているため、粒子が大きく、肌の中になかなか浸透しません。なので結局普通のお水の方が分子が小さくて肌に浸透しやすい。

私はこのアトマイザーにフローラルウォーターを入れたりしていますが、開発者の小積さんは「普通の水道水がいいよ」と仰っています。

そして特筆すべきはこのアトマイザーのスプレーノズルがとっても優秀!かなり細かく水を噴射するので、その分更に浸透しそう!私は常に2本常備しています。

米ぬか酵素洗顔クレンジング

100%無添加のこの商品はちょっと変わり種?でもすごく優れものでもあります。

有益微生物の酵素が通常の合成界面活性剤クレンジングよりも高い洗浄力で洗い上げます。

このクレンジングが優れているのは、メイクだけでなく、あらゆる汚れも落としてしまうと言うこと。酵素成分が汚れを食べて綺麗にしてくれるんです。それが洗面所であろうと、排水溝であろうと、浄化槽であろうと、汚水であろうと。

つまり使えば使う程、自分の身の周りの環境が綺麗になる、なんともスケールの大きいクレンジングなのです。

酵素は人間にとって悪い物を食べてくれる上に、抗酸化作用ももたらしてくれます。

米ぬか酵素洗顔クレンジング 85g
冷えとりとやさしい暮らしてくてく

みんなでみらいを公式HP

ボタニカノン

鹿児島生まれの地産化粧品ボタニカノン。

廃校になった小学校を製造工場としてリノベーションし、ハーブウォーターや精油、またその原料に至るまで生産しているこだわりの化粧品。海外などの遠方からの輸入に頼らず、なるべく原料は現地の農家や自社の作ったもので確保すると言うポリシー。

また食品のような化粧品を作ることをコンセプトの一つとしていて、使用原料は原則として口に入れても害のない原料で全て作ると言う超アグリ的思考の元作られた化粧品達です。

シトラスアロマシャンプー

初めて石鹸シャンプーを使う人は初めはキシキシするかもしれません。ですが石鹸シャンプーの中ではこのシャンプーはとても優秀!キシキシ具合もあまり気になりません。

このシャンプーに慣れてから合成界面活性剤入りのシャンプーを使うといつまでもぬるぬるが取れなくて気持ちが悪くなります。カリ石鹸の良さは洗い流した時にするっと泡が流れてくれること。

合成界面活性剤を使用したシャンプーはいつまで洗い流しても取れないので、それが原因で毛穴がつまり、フケや抜け毛が増えたりします。

どうしてもキシキシしていしまう人は、リンスも合わせて買いましょう。リンスの役割はアルカリ性に傾いた髪の毛のphを調整してツルツルにすること。本当は化学成分なんてなくても天然の成分でそれができます。

ピュアパッションフルーツ化粧水

抗酸化作用のある月桃の化粧水も捨てがたいのですが、この化粧水が衝撃的でした。もう食べられそうなくらいパッションフルーツの香り!もちろんこれも無農薬の原料で作られていますし、商品テストの際には舐めて確認をするようです。

たるみが気になるお肌に○ 日焼けした後のアフターケアにも○

ボタニカノン公式HP

おまけ

他にも紹介しきれなかったスキンケア商品のご紹介

ピュアポタッシュ

超がつくほどの敏感肌の方におすすめしたいピュアポタッシュのスキンケアソープ。私は髪の毛から顔から全身使っていました。アトピーの方でも安心して使えます。ノンキャリーオーバーの石鹸です。

アセント石鹸公式HP

石鹸工房 ラ クッチーナ

沖縄の石垣島で作られている石鹸。こちらは無農薬や無化学肥料などの表示はないのですが、パッケージのセンスもさることながら、香りのクオリティは今まで紹介した商品の中でダントツのセンスを誇ります。どうやってブレンドしたらこんなにおしゃれな香りが作れるんだろう・・・値段は張りますが、大切な人へのプレゼントに良いですね。

石鹸工房 ラ クッチーナ 公式HP

EM生活

おしゃれ度で言うとグッと下がってしまうのですが、光合成細菌であるEM菌を使用した化粧品もおすすめです。パラベンを使っている商品もありますが、なるべく人体に害のないものを選んでいるようです。

私は専ら化粧品ではなく、EM・X GOLDの消費者ですが、化粧品も使用してみると刺激が少なく、香料が使われていないので、薬局で買うような化粧品よりは良い印象です。

EM菌を使っているので酵素と同じように人間にとって害のあるものを食べて掃除してくれる上に、酵素自体が人間にとって有益な菌なので、肌に抗酸化作用をもたらしてくれます。

EM生活 公式HP

まだまだ知らない化粧品がたくさん

私が知らないだけで、クオリティの高いオーガニックの化粧品はもっと世の中にあると思います。特に地産地消で頑張る中小企業を応援したいです。

また新しく優良な化粧品を見つけたらこちらの記事に更新して行きたいと思います。

もし何か情報をお持ちの方がいらっしゃればコメントにご記入頂けると嬉しいです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました