ヨガで人生が変わったと思う理由3つ

ヨガ
スポンサーリンク

ここ10年で日本のヨガ人口はかなり増えました。今では一つの街に一つのヨガスタジオがあるくらいポピュラーなエクササイズになったヨガなのですが、なぜヨガはそんなにいいのか?私がバリ島に行き、アイアンガーヨガの先生に教えて貰った経験から、私の感じるヨガが人生に与えた影響について書いて行きたいと思います。

そもそもヨガって何?

そもそもヨガには八支則と言う段階があり、私達がイメージしているエクササイズのヨガはその3つ目に当たるアーサナであり、八支則の一つに過ぎません。

ヨガの最終目的(8つ目の八支則)は悟りです。

私の中のイメージですが、ヨガはこの苦しい現実世界を生きるために考えられたもの、つまり今の自分の人生を生きやすくするために作られた考え方、哲学、方法なのだと思います。アサナや呼吸法、瞑想もその内の一つと言うことです。

今の現実が全く苦しくない人には、ヨガはあまり響かないかもしれません。

定まらない人生の道

以前の記事にも書きましたが、私は自分の人生がさっぱりわかりませんでした。

私がワーホリに行くことにした理由
こんにちは、初めましてmarieです。記念すべき第一回目の投稿は自己紹介も兼ねて私がオーストラリアにワーホリに行くことになったきっかけを書いて行こうかと思います。 グダグダな進路 高校では英語科を選択し、デッ...

ただなんとなく好きで英語科を選択し、芸大に行って、トリートメントスパで働いていたが、これをやりたい、極めたい!一生かけてやりたい!と思うものはなく、いつもふらふらと自分のやりたいことを変えていました。

辛うじて働いてはいましたが、なんだか違う気がする感がいつも拭えませんでした。

バリ島でヨガ修行

私のアイアンガーヨガの師匠がバリ島在住だったこともあり、私はバリ島でヨガの修行に度々通っていました。と言っても仕事を続けていたので短期の1~2週間だけ。

しかしその期間がなければ今頃私は大阪でまだトリートメントスパで悶々とした日々を過ごしていたかもしれません。

人生が変わったと思う理由

価値観が大きく変わった

ヨガではいろんなことを学びます。今まで自分はこうしなければならない、と思っていたことを取り去ることもヨガの考え方の一つです。それを私はヨガの師匠に教えてもらいました。

このブログでは何度も繰り返し同じことを言ってきている気がするのですが、自分と全く違う人生を歩んできている人の言葉はとても大きいです。

いかに今まで自分が、普段サラリーマンをしている人達のテンプレート的人生を自分に当てはめて、自分で勝手に苦しんでいたかと言うことに気が付きます。向いていない仕事なのに定職につかなければならないと無理矢理やらなければと思い込んで仕事を続けたり、何歳までには結婚しなければならない、今のままの給料では将来が心配、など、しなくてもいい心配をして生きているかがわかります。

特にバリ島に住んでいる人達を見ているとそのことを考えさせられます。彼らはいかに今を楽しむか、その日その日暮らしていけるだけの収入で十分だと思い、将来のことを心配することもなく幸せに生きています。

絶対にこうしなければならないことはないのだ、と言うことを理解すると、人生がとても生きやすくなることを教えてもらえました。

心と体は繋がっていると言うことを知った

猫背の人は鬱になりやすいと言う話しを聞いたことがありますか?逆にヨガの世界では、バックベンド(後屈)のポーズ、例えばブリッジ(上向きの弓のポーズ)を毎日行うことで、鬱が治ると言う考え方があります。

社交的で堂々と喋る人はいつも胸を開いた姿勢でハキハキと喋るのに対し、緊張しやすくて自信のない人は常に肩が上がった状態だったり、肩や背中が丸まっていたり、体は私達の心を表しています。

私は、体を乗りこなす(アサナを行う)ことによって、心をコントロールし、人生をコントロールすることができると言うことをヨガで知ることができました。

身体的な悩みと心理的な悩みが解決した

実際にヨガを2週間みっちりやってみてわかったのですが、ヨガをする前と後とでは格段に体が軽くなります(体重も) 階段を上がる時も足に重さが感じられなくなり、朝の目覚めもよくなり、気怠さがなく、眼精疲労もなくなり、あんなに酷かった目の下の隈がなくなりました。

そして何より、何か異常なまでに不安になることがなくなり、幸福感をいつも感じることができました。

これは呼吸法や体を動かすこと、朝早くから瞑想をすることでセロトニンが活性化したことも理由の一つでしょう。

生きていることが恐い・辛いと思う人のための解決策【生活習慣編】
仕事をしすぎているわけでもないのに生きているのが辛い。なぜか自分が社会不適合者のように感じる。何をする気にもなれない。自分の将来がわからなくて辛い。 恐らくこう言った考えに陥ってしまう人のことを鬱病だと認識されるようになって久しく、世...

私は結果的にこの時3kg程痩せましたが、ヨガはあまりダイエットには向いていません。自分の意識を変えたり、身体的な問題や心理的な問題を変えるのには絶大の効果があると思います。ヨガさえあれば、マッサージも鍼灸もいらなくなります。

ヨガの洗礼を受ける時のポイント

この条件でなければいけないと言うことではないのですが、私がヨガによって人生が変わったと思うことの中に、この条件があったからかもしれないと思うポイントです。

  • 外国 or 自然を感じられる場所でレッスンを受ける
    • 非日常の中もしくは雑念を呼びおこなさい静かな場所でレッスンを受けることで、自分の固定概念から抜け出す、本当の自分を見つける助けになる。
  • マンツーマンで1週間以上、同じ人からレッスンを受ける
    • ヨガの師匠の人生観を長い時間をかけて知ることで、その人の考え方をより多く知り、それを短い間に繰り返し思い出すことができる=潜在意識に刷り込む
  • 自分がこの人だ!と思う師匠から習う
    • この先生はあまりピンと来ないな、と思ったり、この人の考え方は素晴らしい!と尊敬したり、一人の先生でも人によって感じ方が様々だと思います。自分が尊敬できる人と言うのは=自分がなりたい人と言うこと。自分の人生のあり方がわかるきっかけをくれる先生はどちらのタイプかはわかりますよね。

ヨガを通した人との出会いも大事

自分の人格は、今までどんな人と関わってきたかで決まると言っても過言ではありません。

私は本来なら人を好き嫌いするのが好きではないのですが(なぜなら本当の人格者は人を差別しないから) 昔の私のようにまだ人生の指針が決まっていない時は、そう言った自分の道しるべとなる先輩や師匠が必ず必要になります。そう言った人を探したり、会う機会があればお金と労力を惜しまずに会いに行きましょう。

嫌いな人からも学ぶことはあります。大事なのは、時々自分から能動的になって会いたいと思う人に会いに行くこと。

そうすると自ずと人生は開けて行くと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました