後悔ばかりしてしまう自分を変えたいあなたに知ってほしい

人生・生き方
スポンサーリンク

人生色々あるので後悔してクヨクヨしてしまうこともあります。なんども自分が後悔していることを同じ友達に言ったならば「クヨクヨしてても仕方なくね?ポジティブに生きろよ」と正論で固められたりして自分の悩みを打ち明けられない人もいると思います。

そんな人のために私が後悔してしまった時の考え方を書いていきたいと思います。

無理矢理ポジティブになろうとしないでいい

無理矢理ポジティブになれるタイプならあなたはこの記事を読んでいませんよね。

実は無理にポジティブになろうとすると、余計にネガティブになる現象があります。

臭いものには蓋を、と言う言葉がありますが、あなたのネガティブな感情に蓋をしても、中身の臭いものは臭いまま腐敗します笑

後悔した感情を消そうとしても、人間の感情ってパソコンのデータみたいに簡単に上書き保存できません。

本当のポジティブな人と言うのは、自分や他人のありのままを受け入れることができる人だと思います。

だから他人にネガティブだクヨクヨしていると批判(ネガティブ)されても気にしなくていいし、その誰かをジャッジする必要もありません。ネガティブが悪いわけでもない。

あなたの後悔した気持ちを受け入れ、あなた自身で「よしよし、頑張ったね、偉いよ」「無理しなくていいよ」「大丈夫だよ」と慰めてあげてください。

あなたはあなたの一生をかけて、あなたの一番の理解者になる必要があることを理解してください。

ポジティブ思考になる方法みたいな記事を読んでも意味ないから!ネガティブ思考のススメ
よく言うじゃないですか、ポジティブなイメージをすることが大事だとか、ネガティブなイメージは引き寄せやすいとか。 でも私はネガティブなイメージをした時の方が成功率が上がる気がするし、緊張してガチガチになる方が、ピアノの演奏がとても上手く...

そもそも後悔することは悪いことなのか?

後悔と言う言葉そのものがかなりのネガティブで強い言葉なのですが、後悔ってそんなに悪いことですか?

きっとあなたが後悔をしてしまったということは、その”何か”がとても大事なものだったはず。執着をしすぎていると人から悪く言われるかもしれませんが、執着って大事な感情の一つです。

執着がなければ一つのことを一心に取り組むことはできないし、後悔がなければ次は失敗しないように頑張ろうとその経験を生かすこともできません。

後悔もしないようなことは、次の日にも忘れてしまっているような、あなたの人生にとって取るに足らない、どうでもいいことなのです。

あなたは今、どん底まで後悔していいし、後悔した分だけそれが人生の糧になります。

後悔しない人はいない

そもそも後悔しないように生きるのって、無理ゲーです。

いつもいつも万全を機している人なら後悔はしないかもしれませんが、生まれて死ぬまで後悔を一度もしない人は多分1億人に一人くらいじゃないのかな笑

しかも何を持って失敗とするのか、成功とするのか、それは人によって違います。

失敗は成功の元と言いますが、失敗しなければ成功もないってことです。

失敗しないで成功したなら、多分それは誰にでもできることで成功しただけか、たまたま運がよかっただけ。

後悔するくらい苦しいことがあって初めて物事のスタートラインに立ったと言ってもいいかもしれない。

スピ系の人だったらそれを神様(宇宙)のお試しと言うのかもしれない笑

後悔して後悔して後悔して、それでもやりたい、成功させたい、実現したい!と言う強い思いに気づかせようとする神様のいたずらなのかもしれない。

今あなたがするべきは、後悔をポジティブと言う薄っぺらな嘘で誤魔化そうとすることではなくて、

あなたの本当の願いに気がつくこと、そして本当の願いは叶えられなかったのなら、どうしたら別の形で実現できるのかを考えることなのではないかと思います。

後悔しないための絶対ルール

私自身、後悔して身動きが取れないことが多い人生です。

31歳になっても結婚もしていない、子供もいない、仕事も不安定で後悔しそうな人生を送っています笑

でも後悔ばかりの人生でも、これだけは守らなければならないルールがあると思いました。

それは「自分に嘘をつかない」こと。

自分に嘘をついてしまったら、後で「どうしてもっと素直にならなかったんだ」と後悔します。これは一番精神に大ダメージを与えます。

なぜなら自分に素直になることは、自分の選択でどうにでもできたことだからです。

人はいつか死にます。病気や事故で早く死ぬかもしれませんし、自分ではコントロールできないことで死ぬこともあります。または歳を取るとやりたいと思ってもできないことがあります。

でも自分の嘘は今からやめることができます。今ここでやりたいことをすることができます。

大事なのは、できたかもしれないもしもの過去ではなく、生きているのかどうかもわからない未来のことでもなく、今自分が感じている現在。これしかないのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました