なぜバリ島は女性の海外一人旅におすすめなのか?

バリ島
スポンサーリンク

今まで一度も海外に一人で行ったことがないと言う女性には、海外ひとり旅が一つ上の超えるべき壁だったりしないだろうか。

かく言う私も25歳まで一人で海外に出たことがなかったし、すでに25歳の分際で、海外ひとり旅はもっと大人になってからかな・・・とか言っていたおバカさんです笑

バリ島をおすすめする理由

治安は悪くない

バリ島の治安は悪くないです。良いですとはっきり言わないのは、日本と同じくらい治安のいい国はあまりないからです笑

貧困の問題はあるので、金品を置き引きされたりすることはありますが、これは本人の意識で対策をすることができます。海外旅行で一番問題なのは命に関わる事件。この点は安心して女性一人でも旅行することができます。

親切で人懐っこい人が多い

親切だからと言って信用していいと言うことではありません。

しかし街で顔を合わせる人がみんな人懐っこいので、旅行をしている間その人柄に癒されます。ひとり旅は時々寂しさとも直面するので、旅先で現地の人と触れ合った記憶が残ります。

物価が安い

近年では手放しにめっちゃくちゃ安い!と言える場所ではなくなりましたが、それでも日本の物価より若干安い傾向にあるバリ。ハワイやパラオなどの高級リゾート地は基準の宿泊代も食事代も高くなりますが(ひとり旅なら余計) バリなら安い値段のものを簡単に選ぶことができます。

バリ島の物価が上がった?お得にウブドを旅しよう!具体例を書いて見たよ!
バリ島を旅行する際に気になる物価。私が実際にバリ島で使ったものことについてご紹介していきたいと思います。バリ島旅行の参考にしてみてください! 物価は高い?安い? 結論から言うと、若干安いと言えます。 なぜ若干かと言うと、最近では日...

カタコトの英語でもなんとかなる

バリ人も英語ネイティブではないので、英語があまり上手くなくても察してくれます。

彼らも自分達の訛りにコンプレックスを持ちながら頑張って英語を勉強している人達なので、日本人の気持ちを理解してくれます。恥ずかしがらずに、英語を話してみましょう。

海外旅行で英語は本当に必要なのか?
オーストラリアで3年半の生活を終えてから思うこと。それは、当たり前なんですが、世界中の人全員が英語を使えると言うわけではないと言うこと笑 ある程度の英語を血反吐吐く思いでやっと覚えたくせに、私が行きたい国はどの国も英語が第一言語じゃなかった...

海も山も一度に楽しめる

バリ島は海と山の両方が楽しめる場所です。私は普段海派ですが、バリだけは断然山派です。短い旅行の間に山も海も楽しみたい欲張りな人にも○

海派の場合

バリ島にはすごくいい波が来るため、サーファー達の聖地としても名高いです。海側はクラブが多いですが、個人的に女性ひとりならおすすめしません。あくまで海外でクラブ慣れしている人が自己責任で行くのがベター。

残念ながらバリ島の砂浜は白くはないので、白い砂浜のビーチを楽しみたい人はレンボンガン島などに行く必要がある。

山派の場合

ヨガの聖地として知られる街、ウブドが有名。ヨガスタジオが数多く併設されていて、ヨガで体を動かして、ストイックに体をリフレッシュさせたい人には最適。

もちろん山のアクティビティもあるので、ヨガ好きじゃなくても楽しめます。

オーガニックやベジタリアンメニューのカフェが豊富

ヨーロピアンがこぞってこの島に訪れるので、バリ島にあるカフェのメニューはおしゃれでその上ヘルシー!牛乳を使用していないメニューやグルテンフリーのメニューは、私がバリに初めて来た9年前から増え続けています。

男性と来るとこう言う場所は一緒に楽しむのがなかなか難しい。これが女一人旅なら存分に楽しむことができるのが良いところです。

ヨガスタジオが豊富

これはウブド限定になりますが、大小様々なヨガスタジオがたくさんあります。

禅の道場やダンスのレッスンなども行なっているところもあります。インドのようにヨガ修行をストイックに押し出している感じではなく、リフレッシュの為にヨガをしたいと言う雰囲気のところが多いです。1レッスン1000円〜1500円くらいで気軽に参加できるのも良いところ。

ちなみにストイックに修行したい人の為にも、ウブドの街から少し離れたところにアシュラムがあります。普段はストイックに修行して、最後の2、3日はウブドで遊びたい人にはうってつけ。

こちらも男性諸君にはよく理解できない要素かもしれませんね笑  ヨガ生活を満喫したい時は女一人の方が何かと都合が良いです。

マッサージが低価格で受けられる

マッサージの腕が良いのに安くで受けられるのがポイント。日本では、下手だけど金額はそこそこするマッサージのお店が多いですが、バリ島では経験を積んだマッサージが低価格で受けられることが旨味。

特に、予約を取るのが難しいとされているBody Works Centerのアルサナ氏のマッサージはバリ随一と言われていますが、彼の施術は30分 500,000Rp(3,800円くらい) で受けられます。日本でゴッドハンドと呼ばれる人に施術してもらおうと思うと1時間15,000円はくだらないはずです。

体を動かすのが得意ではない、けれど仕事の疲れを癒したい!と言う人にはバリ島のマッサージはおすすめです。

ナチュラルセラピーを堪能することができる

バリ島の観光客はヘルシー嗜好の人が多く、伝統的なナチュラルセラピーに魅了される人もいます。

日本ではなかなか受けることのできない果物やアロエを使ったフェイシャルや、コーヒーのスクラブ、アボカドを使ったクリームバス(頭のマッサージ+トリートメント)など、普段私達が口に入れているものでトリートメントを受けることができます。

石油を使用した化粧品があまり好きではないと言う人にぴったりのナチュラルトリートメントです。

マッサージスクールやヨガリトリートも人気

私が初めてバリ島に来たのは、バリ島伝統のクリームバスのレッスンを受けるため。

英語ができないくせにレッスンに入ってかなり撃沈したのを今でも覚えています笑

今にして思えば無謀だったなと思います。日本人の生徒が多かったので、色々と助けてもらえたからなんとかなりました。でもその時の経験があったからこそ、悔しい思いをし、英語が喋れるようになりたいと強く願ったことも事実。

また、こう言ったスクールやクラスで出会う女性達はとても自立した考え方を持つ人達が多く、英語が話せたり、一人で世界を旅している人も多いです。今まで私の周りにいた人達とは違う人と出会うことで、自分の価値観を揺さぶられたのも、よい経験でした。

まとめ

バリ島は以下のような女性にぴったりです。

  • 美しい自然とリゾートが好き!
  • サーフィンが好き!
  • ヨガやヘルシーなものが好き!
  • マッサージやスパが好き!
  • オシャレなカフェが好き!
  • でもアジア料理も好き!

ぜひ一度は行ってみてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました