ソウルメイトを見つける方法 | 30歳を超えてからは魂レベルでパートナーを選ぶべき

人生・生き方

こんにちは、男友達に告白されて数日そのショックから抜け出せないmarieです笑
やっぱり男の人との友情関係を築くと言うのは私には難しいようです。

前にした恋愛がかなり辛かったのと、パートナーシップの学びが深すぎたせいで、私はこれからはソウルメイト以外とは付き合わないと決めています。だから情には絶対に流されないと誓いました。

まだ私はソウルメイトに出会っていないわけではあるのですが、色々な人から聞いたり、周りにいる人を見ていて思った、ソウルメイトを見極める方法、見つける方法などをあげて行きたいと思います。

一緒にいて違和感がない

ソウルメイトと一緒にいると、沈黙が嫌だな、と思ったりすることが不思議とない。それが自然だとすら思うことが多いようです。

たとえ初対面でも、緊張してしまう、普段の自分通り振る舞えない、何か話しをしなきゃと焦ったり、この後どうしたらいいんだろうとおろおろしてしまったりすることがない。相手の距離感が近かったとしても嫌悪感はなく、親しみを持てることが多いです。

また考えていることが似ていることから、相手が自分の思っていることを瞬時に察してくれることも多いです。そのことから、100%の自分じゃなくても大丈夫、と初対面から思わせてくれたりもします。

タイミングが良い

例えばまた今度会いたいな、と思った時に、すぐに会う約束ができる人。一緒にいたらラッキーなことがよく起こる人(例えばずっと雨だったのに、その人と会う日は晴れていた、とか)

なぜかその人といると幸運体質になれることが多いのがソウルメイト。

逆に悪いことが起こったりタイミングが悪かったりすると、今一度その人を冷静に見るべきだと言う神様からのお試しだと言うこと。(変な人に絡まれたり、急に具合が悪くなったり、予約していたレストランに予約が通っていなかったり)悪いことが起こった時点でちょっと微妙だなと思ったらソウルメイトではないのかも。

また、自分が相手とまだ普通の友達でいたいと思っているのに、相手側がかなり盛り上がってしまっていて戸惑うことがあったらそれもタイミングが悪い部類に入ると思います。ソウルメイトであれば波長が合うはずなので、そういった気持ちのすれ違いは起こりません。

お互いに良いと思う時期に出会い、同じ速さで気持ちが育つことが多いです。だからこそ不思議と安心感があるのだと思います。

冷静に相手と自分のことを見ることができる

これはソウルメイトを見極める時に必要なスキルだと思っています。

人を好きになったり、人から好意を寄せられる瞬間と言うのは、人生の中でそう何百回もあるものではありません。お互いにのぼせ上がってしまうし、勢いで付き合ってしまうこともあるかもしれませんが、そこを一歩下がって俯瞰したように見て欲しい。

ソウルメイトと言うのはお互いに助け合いながらも魂を高めて行く存在です。

一方、普通の恋愛と言うのは主導権を争うものが多く、お互いに傷つく関係になることも多いです。もちろん傷つけあっても共に成長していける魂と言うのはあるのですが、かなり稀です。

この人と魂レベルで繋がることができるか、本当にお互いを理解しあうことができるか、のぼせてしまった頭を一度冷まして考えることが必要です。

また男性は相手の第一印象でその女性と付き合いたいかどうかを決めるケースが多いと思います。なので女性もそのスピード感に合わせて「この人はソウルメイトかどうか」と言うのを普段から速く見極める癖をつけておくことも大事かもしれません。

相手のことをソウルメイトだと言う確信を抱く前に相手側から交際を申し込まれると、間違った判断をしかねないからです。

自分の人生を自分で幸せにする

相手に自分の人生の幸せを委ねてしまうのはソウルメイトから遠ざかる考え方。

私の中でソウルメイトと言うのは、お互いに自立した精神を持ち、そして対等な関係でお互いの魂をさらに高みへと押上んとする存在だと言いました。

例えば今自分の人生の道に迷っていたり、もしくは自分の人生を好きになれていない人が、ソウルメイトだと思う人に出会っても、それは偽ソウルメイトである可能性が高いです。なぜなら自分が幸せになるためにその偽ソウルメイトを利用して幸せになろうとしたと考えられるから。

神様はあなたの人生をあなた自身の力で生きて欲しいと思っています。

ソウルメイトとの出会いは、自分の人生を自分で創造すると決意した人のための神様からの贈り物。やっと自分で人生を選択することができたんだね、とその時神様は安心して魂を高め合える相手を準備してくれます。

なので親に人生を操作されている人や、世間からの批評を気にして自分を振る舞えない人、自分の人生の責任は自分で取ることを決意できていない人、など、自分の人生に何らかの疑問を持っている人は、決着をつける必要があると思います。

自分の人生に責任を持つと楽に生きられる
私が高校で英語科を選択した時、 私が大学でWebデザインを選考した時、 アロマやトリートメントの勉強を始めた時、 大阪のスパで仕事を始めた時、 これらは、全部私が選んだようで、実はそうじゃなかった選択肢でした。 い...

対等な関係を築ける

先ほども申し上げましたが、恋愛関係になってしまうと、どうしても上下関係を築こうとしてしまいます。

ソウルメイトとの関係は対等です。そこには上も下もないし、どちらがより愛してると言うこともなく、負けることも勝つことも、騙されることもありません。褒めることも、従うこともありません。どちらが偉いということもありません。

お互いが自由に生きるために彼らは対等であり、対等であるから尊厳を傷つけません。

仮面を被って嘘の自分を作る必要もないし、会ったその日から腹を割って話すことができます。

遅れてやってきた金星期

もともと恋愛と言うのは占星術的に言うと金星期である15歳〜25歳がピークなのですが、私の10代20代はあまり華やかなものではなかったせいか、この金星期が25歳〜30歳に急にやってきて男女関係を急いで学ばされ、今やっと太陽期を生きて自分で人生の選択をしている感覚があります。

なので20代女性ですでにソウルメイトを見つけた人と言うのはすごいな、と思います。その人達の多くは早くからこの太陽期を意識して自分の人生を歩んでいる人だと思います。

私の10代20代の頃は、周りや親の言うことに左右されてばかりで自分の人生を選択することができず、本当の自分を外に出すことへの恐怖に縛られてばかりでろくに外の世界に行こうともしませんでした。

でも今ではそれを後悔はしていません。そんな私も、私であったな、と思うだけです。

どんな時でもその時気がついたら人生は自分で変えることができます。

冒頭に書いた彼との出会いがきっかけで、なんとなくソウルメイトの見つけ方もわかったような気がしたので、彼との出会いも必然だったのかなと今では思います。

偽物の自分を好きになってもらうより、本当の自分で嫌われた方がいい
みなさんこの英文を知っているでしょうか It is better to be hated for what you are than to be loved for something you are not. この和訳がこの記事のタイ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました