友達の数=自分が人を信じた数

人生・生き方
スポンサーリンク

自分に友達と呼べる存在ってどれだけいるだろうかとふと考えた。

自分には心を打ち明けられる友達がいないと思う人が最近多いように思う。

私も陰キャ学園ライフを送っていたので、たくさん友達がいたとか、誰とでも仲良くなれたと言うような、理想とは程遠い人生を送ってきた。

オタクだったので陰で気持ち悪いと言われているのも知っていたしね笑

相手を友達だと思えるのはどういった瞬間か

友達の定義を考えた時、その内の一つは相手が自分を裏切らないこと、と言うことが前提にあると思う。そして裏切らないと言うのは、自分を嫌わないと言うことも含まれるのだと思う。

友達が少ないと言う人は、相手が自分を裏切るんじゃないか、自分のことを嫌いなんじゃないかと言う恐怖があるから、なかなか友達だと断言することができないのだと思う。

疑うよりまず信じろ

しかし、疑心暗鬼になると、友達を作るのは難しい。疑った時点でその人は敵になる。その人が自分のことを友達と思っているかどうか疑うことも同じ。そう考えるようになると、相手の全ての行動が自分に対する嫌がらせのように感じてしまうからだ。

相手が実際に自分のことを嫌っているかどうかは、実のところあまり関係がない。なぜならそれを確かめる術は誰にもないからだ。相手はあなたを好きかもしれないし嫌いかもしれない。選択する権利は彼らにある。

でも自分が友達になりたいと思ったなら、信じて交友を持てばいいと思う。自分が信じたいなら彼らを友達だと思えばいい。

そんなことを言うと、じゃあ友達だからって全て相手の言いなりになればいいのか?利用されてもいじめられても黙っていろと言うのか?嫌われていても無理やり話かけろと?と言われそうだが、そうではない。

初めから疑うことを選ぶのではなく、まず友達として信じる。そして、信じていても相手が本当に自分を利用していると目に見えているなら、自分の意見を主張する、それでもダメなら距離を置くと言う選択肢はある。

友人関係の構築は難しい

友人関係の構築と言うのは実はかなり難しい部類のものなのだと思う。

上司と部下、同僚ならただ仕事を円滑に進める為にお互いにベストを尽くせばいい。

夫婦は多少喧嘩したってそうそうすぐに離婚することはない(特に子供がいると)

でも友人って、どこか疎遠で、どこかあやふやな関係。

この人は絶対に大丈夫、この人がいれば安心、と言うような絶対的安心感はなく、

ただどこまでも対等な関係。お互いに一緒にいることが楽しければ(利害の一致)

長く付き合うことができる関係。非常にシビアな関係なのだと思う。

大抵の対人関係は利害関係の一致で成り立つ
占星術を勉強していて私が時々疑問に思うことは、ビジネスの相手、つまり交渉相手との関係が、結婚する相手と同じ分野であると言うこと。昔の私は恋愛=結婚の脳みそだったのでさっぱりわかりませんでした。 そこで最近私は、進路相談の先生がよく言っ...

でもだからこそ私たちはたくさんの人となるべく交友を持ち、どの人となら利害関係を築くことができるのかを確認する必要があるのではないかと思う。

恋人>友人では決してない

私は、友達と言う関係を軽んじていません。恋人と同じように、友人関係は大事だと思っています。なぜなら友人関係も、立派な信頼関係の元築かれる関係だからです。

ある時友人が私に言いました「恋人に、君とは友達でいいやって言われて振られたけど、それって美味しいとこ取りじゃない?」と。つまり相手は別れる時「これからも友達でいようね」と言うようなニュアンスのことを言ったのだと思う。

その人の言葉を友達が訳すると「恋人としては無理だけど、友達としてせいぜい利用させてもらうね」になるらしい。

それを聞いて私が思ったのは、それは友人が友達関係のことを卑下しすぎているし、元恋人の悪感情を疑いすぎている、ということ。私なら、元恋人でも信頼できない相手とは一切連絡を取らないと思う。

友人がその元恋人のことを疑ってしまうのは、自分のことを傷つけた相手に対する復讐心や敵対心があるからなのだと思う。

私にとって「これからも友達でいようね」は、「これからもあなたのことを信頼しています」の意味だと思う。( 私は実際初恋でこれを言われて辛かったけど、彼にはそれを選択する自由があると思ったから、彼を恨んだことはない。だから彼が結婚をしても今だにSNSでコメントしたりしてる笑 )

私は恋人関係も友人関係も基本では同じ、信頼関係で成り立つと思ってます。

世間では恋愛ドラマの影響で、恋愛と言う物が美化され続けていますが、

ふたりぼっちの信頼関係で作る世界なんてとても小さいものです。

もちろん恋人は家族になるかもしれない大切な存在です。それは魂レベルで言っても、他の人とは違う、何か特別な深い関わりのある関係なのだと思います。

しかしそうやって恋人や家族にスポットライトが過剰に当たる裏で、ないがしろにされてきた友人関係と言うものが、この社会の孤独を産み、歪んだ愛情を作り出しているのではないかと思う。

友達でも頼っていいし、頼られていい。友達にだって迷惑をかけていいし、かけられていい。もしもこの世界が家族以外に信頼関係を持てない世の中なのだとしたら、家族がいない人は一生天涯孤独なのか?そんな悲しい世界、誰が作りたいって言った。

人の善意を信じられないで相手を疑う人生は、やっぱりちょっと寂しい。

だから私は、たとえ相手が昔自分を利用しようとした、陥れようとした相手でも、

ただこじつけでもいいから、相手の中に善意を探すんだと思う。

コメント

タイトルとURLをコピーしました