まだ電力会社変えてないの?電力自由化のメリットデメリットを簡単に説明します

新電力・電力自由化

実は2016年4月から一般家庭での電力自由化がすでにスタートしています。法人はそれより以前から契約が可能でした。徐々に普及されつつあるとは言え、まだまだ世間ではこの話題は新しいすぎるのかなと言う気はしています。

私は新電力に切り替えることは、巡り巡って顧客にとってメリットにしかならないと考えているので、これを知らないのは損だ!と思い簡単に記事を書いてみました。

そもそもなんで電力自由化しなきゃいけないの?

そもそも電力事業と言うのは、今まで各地域にある電力会社が独占的に行なっていた事業。特に電力会社は努力をすることなくお金を設けていました。

それを新しい電力会社が市場に参入することで価格競争が起こり、私たち消費者はより安い金額で電気を使うことができるようになります。

更に消費者はその電力がどうやって作られたものなのか、どこから来たのかと言うことを知った上で契約できると言うことが大きなポイントになります。

メリット

料金が安くなる

基本料金が0円でサービスを提供している会社が多い

基本料金0円の会社であれば使用した分だけの支払いになるので、必要最低限の電力しか使っていない人は確実に料金が安くなります。出張が多くて家にいることが少ない人などにもメリットが大きいですね。

セット割引やポイントサービスなどの特典がある

インターネットと電気料金を組み合わせたものや、ガス代とセットになってお得になっている会社もあります。

契約金、違約金がかからない会社も

契約金や違約金が必要ない会社であれば安心して手軽に電力を切り変えることができます。※会社によって契約金や違約金がかかる場合があります

ライフスタイルや価値観に合わせて会社を選ぶことができる

発電方法を選ぶことができる

消費者の中には自然環境に優しいエネルギーや再生可能エネルギーを使いたいと言う人もいます。今までは自分が使っている電力がどうやって作られているのか知ることができませんでしたが、それが可能になったのは大きな点です。

支払い方法

支払い方法はクレジットカードや銀行振替などが可能です。特にクレジットカードならマイルやポイントを貯めている方には支払い方法は重要でしょう。

電気の見える化

携帯電話でも今自分がどのくらいのデータや通話を使用しているかがわかると思いますが、電力でもアプリやWebでリアルタイムで自分がどのくらい電気を使っているのかを確認することでより節約意識が高まります。

デメリット

初期費用がかかる可能性がある

新しい電力会社に切り替えるに当たって、初めに電力メーターの「スマートメーター」への交換が必要となります。工事の費用は基本的に無料となっていても、事務手数料として発生する場合があるので注意しましょう。

契約期間の縛りや解約違約金などがある場合も

今までは一つの電力会社が独占していたので契約期間などで消費者を縛る必要がなかったのですが、新電力会社の場合は顧客を縛ることで利益を得る仕組みが必要となるため、会社によっては契約期間の縛りや解約違約金が必要になる場合があります。

停電しそうで怖いは誤解

どの電力会社を利用しても、同じ送配電ネットワークを使用しているので安定供給は変わりません。

契約切り替え面倒くさそう

ご自宅に届く検針票があればネットで簡単申し込みすることができます。すでに契約している会社への解約の連絡は不要。敢えて言うならスマートメーターの設置をしなければならないことですが、こちらも立ち会いなしでも可能な場合もあります。

マンションやアパートは切り替え無理なのでは?

マンションやアパートでも電力会社切り替えは可能です。

ただしマンション全体で一括契約している場合は確認が必要となります。

新電力切り替えは格安SIMを選ぶのと同じこと

新電力に切り替えるのはなんだかややこしそう、と言うイメージがあるかもしれませんが、今後は携帯電話の格安SIMを選ぶのと同じくらい手軽に電力を選ぶ時代が来ると私は考えています。

電力会社も企業努力を惜しまないと思うので、これからこの市場は活発になるでしょう。そうすると電気料金も安くなるので、消費者にとってはメリットが大きいと感じます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました