バリ島のお土産を買うならこれ!女子向け完全版

バリ島
スポンサーリンク

バリ島に通算10回も行っているくせにバリ島の記事少なすぎお前バリ島紹介する気あるの?と最近反省致しまして、今回は私がバリ島に行ったら必ず買うお土産と、雑誌などで紹介されてるけどあんまり買わないかもな商品をご紹介!

ピーナッツ

ばら撒き土産として買うことが多いカチャーン。ガーリックと一緒に炒ったピーナッツで、ほのかにガーリック味なのがはまる。値段もお手頃のため小さく袋つめにされているものをたくさん買います。大抵大型のスーパーにならどこでも売っているので難なく見つけられるはず。

 

EAST BALI CASHEWS(イーストバリカシュー)

インドネシアの会社で作られるイーストバリカシューのカシューナッツのお菓子。塩っぽいものやカカオパウダーときび砂糖をまぶしたちょっと甘めのものも。

グラノーラやポップコーンなどのシリーズも美味です。甘すぎず、たくさん食べても罪悪感がありません。

インドネシアの会社が作っているものなのでお金をその国に落として行くことができるのがポイント。バリ島は様々な国籍の外国人がビジネスをしていて、なかなか現地の人にお金が還元されていないことが多いので、なるべくこう言ったものを買ってあげたいのが人情です。

Bali Buda(バリブッダ)のオーガニック食品

ウブドにありますオーガニック食品のお店バリブッダ。私はこちらのお店ではグラノーラをよく購入していました。

カカオパウダーやガラムマサラ、チョコレートやはちみつと様々なオーガニックの食品を取り扱うこのお店。ウブドに来たら一度は足を運んでみてください。

日持ちしないのでお土産としては買えませんが、ショウケースに売られているケーキもオーガニックの食材で作られています。ただ、ちょっと甘いかなと言う印象ですが…

クサンバ産のお塩

私や私の知人は皆さんクサンバから直接お塩を10kg以上購入されている方が多く、このブランドがいいよ!と言うのが逆にわからないのですが、バリ島クサンバでは天然天日によってお塩が作られていて、それがとても美味しいと評判です。

塩の粒を顕微鏡で見ると美しいピラミッド型をしていると言われており、結晶の粒がキラキラと光り、大きいのが特徴。少し振りかけただけで十分な塩味が出るのに、舌がビリビリと不快になるような味がしないのが良いところ。まろやかで落ち着く味がします。

なるべくなら真っ白なものを選びましょう。お塩にもグレードがあって、白ければ白い程不純物が少ないです。すべて手作業で作られているので、多少のクズ(木片のようなもの)が入っているのは仕方がないと言うか、それがバリです。

このお塩を使ってお風呂に入れると発汗作用ですぐに汗だくになります。時々体を浄化したい時にお風呂にたっぷり入れたいので、お塩は30kgでも40kgでも持ち帰りたいといつも思ってます。

KOU石鹸

可愛いパッケージが魅力のKOUの石鹸はコールドプロセス製法に基づいて作られたナチュラルな石鹸。もう10年以上愛しちゃってます。

バリ島には数多く石鹸ブランドがあるのですが、どの石鹸も残念ながら合成香料のような香りがするので(もしそうでないブランドがあれば教えてください…)今でもKOU石鹸しか私は買えません。

小さいキャンディのような石鹸もあるので、ばら撒き土産にも良いですね。写真の新作シナモンの香りは、ほんの少ししかシナモンの香りがしませんでした笑 買うなら定番のレモンやオレンジ、ミント系がいいですね。マンゴーの新作も出ましたが、マンゴーラッシュになったことがある私は恐ろしくて使えません涙

トロピカルマンゴーバターと書かれているので恐らく種子から取れる油を使っているわけで、マンゴーラッシュの原因となる皮やジュースは1ミリも入っていないとは思います。

第一こう言う商品は一番肌に気を使う商品のはずで、強烈なアレルゲンを持つマンゴーの皮を使った精油(がこの世に存在するのかわかりませんが)を使う筈がないのですが、成分表をまだ見たことがないのでわかりません。今度バリに行った時に確かめようと思います。予想では香り付けはパッションフルーツ的な何かでトロピカルにしてる。

DUNIAのヨガウェア

これは自分用のお土産でいつも買っているのですが笑

コットンライクラを使用したヨガウェアが売りで、ストレッチに優れたヨガパンツが人気です。

特にワイドパンツは便利で、このパンツのままヨガもできるし、近所のスーパーにならこのパンツで外を歩けます。毎日家でヨガをするヨガ人間には便利なアイテムなのです。

日本で同じクオリティのパンツを買うこともできますが、バリ島の方が1000~4000円ほど安いのでいつも黒無地のパンツを購入します。

タンクトップもとても良い形のものが作られていて、こちらもコットンライクラです。

一度は買ってみてもいいかも?リピートはしてない

UTAMA SPICEの精油や化粧品

残念ながらインドネシアやバリ発祥のアロマオイルで質の良いものにはなかなかありつけません(もしご存知の方教えてください…) UTAMA SPICEはバリ島の精油ブランドの中でも最もマシな部類に入ります。

天然の植物から抽出したオイルであることはわかるのですが、かなり雑味のある香りが多い。良く言えばワイルドな香り。西洋のアロマオイルブランドの精巧な香りに鼻が慣れているのでどうしてもそれが気になって精油を買うことがありません。

チャンパカの香りだけ買おうかなと思うものの、UTAMA SPICEのチャンパカの香りは合成香料。と言うかチャンパカの精油は大変貴重なのでもし天然香料10mlサイズで売ってたら20万円以上します。

ただこのチャンパカの合成香料の香りがなかなか優秀なので、もしお時間あれば香りだけでも嗅いでみてください。値段もお花の精油を買うよりも断然お手頃です。

しかしお手頃な価格だからと言って、買ったものの使わないのは自然にも作り手にも失礼です。香りを嗅いで本当に良い香りだと思うものだけ買いましょう。

ウブドにはUTAMA SPICEから派生した、Nadis Herbal(ナディスハーバル)Angelo Store(アンジェロストア)と言う姉妹店があって、恐らく原材料は同じところから仕入れていて、化粧品のブレンドを変えて個性を出している感じ。もしかしたらこの三つの中からお気に入りが見つかるかも?

ワンピース

画像は私が購入したPuspitaのワンピース。この他にも2着丈の短いワンピースを持っていたのですが、断捨離してしまいました。

Puspitaは日本人のオーナーが経営しているとあって魅力的なかわいい柄のワンピースがたくさんあります。Puspitaだけじゃなく南国らしい柄のかわいいワンピースはバリのどこに行ってもあるので買いたくなるのですが…。

日本に帰って着てみると雰囲気に合わなくてなんか場違いかも…となってしまうのは私だけ?南国のビーチリゾートへ行く時用に写真のワンピースだけ置いてますが出番はあるのか…。

旅の思い出に1着買うくらいがおすすめです!

ガムランボール

これもバリ島に来たら一度は買いたい工芸品のガムランボール。シャリシャリと言う音が幸運を呼び寄せると言われています。

現地に行くととても綺麗で買いたくなる品物ではあるのですが、日本に帰ってくると自分の持っている物との合わせに困ることも…結局携帯のストラップにしている人やカバンにつけている人もいるので使い道はありますが、高価なものなのでたくさん買わない方が良いかも?

ウブドの街中で買うならAsterisk(アスタリスク)と言うお店は散歩ついでに見に行くことができておすすめです。小さめでお手頃価格で買えるガムランも置いているのも○

お土産物も出会いが大切

この記事はあくまで個人的な意見で書いているものなので、もしバリ島に行かれる際は自分が気になったものを見てきてください。

私はいまいちと思っていても、他の人にとっては価値があるものだと思います。特にガムランボールはバリ島特有のお土産物なので一度は見て欲しいものの一つです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました