どうやってコロナを乗り切る?コロナ中にできることを考えてみた

人生・生き方
スポンサーリンク

コロナウィルスの影響で5月予定していた南米の旅がほぼほぼキャンセル確定で泣きそうな筆者です。と言っても、日本⇆メキシコの特典航空券を予約しただけで、その他ツアーや宿泊など諸々の予約をする前で本当に良かった。

コロナ自粛はしている?

日本は現在外出禁止令を出すことができない状態なので未だに自粛だけに留まっています。

当然と言えば当然なのですが、自粛と言われて大人しくしている人だけかと言われればそうでもないので、都内では普段より人が少ないけれど、不要不急の外出と思われる人も見かけるようです。

ですがみなさん、忘れてはならないのは、人間が動けば動くほど、菌をばら撒けばばら撒くほど、この状況は一向によくなりません。

経済の悪化を理由に外出する人もいるようですが、感染がもっと拡大すれば政府も外出禁止令を出せるように動きます。政府からの物質的保証が望めるのかわからないのに禁止令くらいたいですか?

どうして自粛するのか?

とは言いつつも、私も外出したくて堪らない人間の一人ではあります。今外出したら確実に人がいなくて気持ちがいいですからね。

しかし私は一刻も早くこのウィルス戦争が終わって欲しいと願っているのでこのまま自粛をします。その理由としては、

  • 自分が外出することで自分が感染源となり、ひいては他人に移す可能性がある
  • このまま財政が破綻して預金封鎖が起こった場合貯金の90%を没収される
  • 今年計画していた旅ができなくなる。そうすると次の機会は数年後先になる

などの理由があげられます。

自宅待機で何ができるのか考えてみた

恐らくすでにみなさんが行動したことがあるものも多いと思うのですが、おさらいの意味もこめてまとめてみました。普段できないことをせっかくなので今やってみましょう。

そして外出自粛が解除されたら思いっきり外に遊びに行きましょう。

資格の勉強をする

一番ベタなのは資格の勉強ですよね。コロナ休みだからと言ってだらだらと無作為に時間を消費するのは勿体無いです。自分の仕事に役立つ勉強を、時間がある今やるしかありません。

在宅でも資格を取れるコースはありますし、資格じゃなくてもプログラミングやTOEICなどの勉強を本を読みながらすることはできます。

オンライン講座を受ける

英会話オンライン講座も今では低価格で受けられるようになりました。普段話すことがない人と話すだけでも刺激になりますし、それが英語なら尚更です。よい脳のトレーニングにもなるので英会話はとてもおすすめです。

電子書籍を読む・映画を見る

宅配や書店に立ち寄って本を買っても良いのですが、その分ウィルスの拡大を招いてしまうので、私のおすすめは電子書籍や室内の映画鑑賞ですね。

普段私たちはSNSなどを通じてインプット過多になる傾向にありますが、質の高いインプットはいくらやっても足りません。低価格な上に2~3時間の時間を潰せるのでコスパが良いです。

情報のアウトプットをしてみる

ブログ、SNS、Note、Youtubeなんでも良いのですが、気軽に情報のアウトプットをするならSNSやNoteを使ってみるのもいいかもしれません。

情報発信をしていると新たな気づきが生まれますし、新たに人との交流を楽しむきっかけにもなります。もしかしたらそれをきっかけに副業にできる新たな自分の才能を発掘できるかもしれませんよ。

掃除、断捨離をする

掃除や断捨離はちょっとした運動不足解消にもなります。

また自宅にあるものを整理し、この機会に売りに出してしまうと言うのもありかもしれません。ただしその場合は宅配業者を使うことになるか、外出して店舗に赴かなければならない場合がほとんどだと思うので、要検討ですね。

ポイ活をしてみる

私もマイレージを貯めるためにポイ活(ポイントを貯める活動)をしています。メキシコ行きの特典航空券をキャンセルしたら合計15万マイルくらい保持しています。ポイ活をしている方ならわかると思いますが、特別大量に保持しているわけではありません。

もちろんマイルに興味がない人は現金として使うことができます。

無料で作れるクレジットカードを発行したり、FX口座を開設して入金&利用することでポイントがざくざく稼げます(ただしFXは注意点がかなり多いです)

それでも外に出たい?

車をお持ちの方であれば、気軽にドライブすることができるので比較的外に出ても影響がないように思いますよね。人がいないところを選べば散歩も気兼ねなくできそうです。

しかし都会に住んでいると車をお持ちでない方も多いでしょう。かと言って交通機関を使えば使うほど感染拡大のリスクが高くなります。

今日本は正念場を迎えています。お花見をしたくなるシーズンではあるのですが、コロナが落ち着くまでは自粛する方が懸命のように思えます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました