恋愛依存症に対処するにはどうしたらいいのか?

恋愛・結婚

付き合っている相手からのメールの返事が気になったり、相手を束縛してしまったり、些細な言葉で傷ついてしまったり……恋愛をすると過剰に相手に依存してしまうことがあります。

恋愛依存に陥っている人はみんなとても苦しそうに恋愛をしています。この記事がそんな人達を助けるヒントになればと思います。

どうして恋愛依存症になるのか?

恋愛依存の心理は至ってシンプルです。

人は安心感を得たいから恋愛に依存します。

パートナーが自分のことを好きだと思うと、人は安心することができるんです。

逆に相手が自分の存在を蔑ろにしたと感じた時、不安がよぎります。

あの人はもう自分のことが好きではないのだろうか、と。

これは友達相手にも思うことがあると思います。心理的には同じです。

けれど、あなたが「〜〜かもしれない」と思っているのはただの妄想で、思い込みであることも事実です。パートナーシップとは相手を信じるところから始まるものであり、相手が自分に対して悪意があると思って関係を続けると、絶対に上手くいきません。

不安の原因は何かを考える

そうは言っても、不安はなくならないですよね。ある日突然不安でなくなると言うこともありません。

まずはどうして自分は不安を感じてしまうのかを考えてみてください。

と言うのも、不安材料と言うのは掘り起こせば芋づる式に出てきます。

パートナーが他の人とLINEのやりとりをしていた。友達と遊びに行ってかまってくれない。なかなか連絡が取れない。会話がなぜかそっけない。考え出したらきりがありません。

そんな不安からいつになったら解放されるのか?

それは不安材料を探さなくなった時なのです。

気分転換が大事

例えば、パートナーのことを考えすぎているな、と思うなら気分転換に運動したり、趣味を楽しんだり、友達と会ったり、恋愛依存しない人はとにかく気分転換が上手いです。

自分の思考がネガティブな方に向いたら、すぐに思考を切り替える方法を知っているのです。

人は一つのことばかり考えていると周りが見えなくなり、不安や嫉妬などのネガティブな感情を抱きやすくなる生き物です。

そんな時はなるべく外出して、外の世界に意識を向けるように勤めてください。なるべくならパートナーと別行動を取りましょう。

物理的、心理的距離を取ると、客観的に相手と自分のことを見ることができます。

長く関係を保ちたいと思うのであれば、時には距離も必要です。

正直に自分の気持ちを伝える

何か不安に思う理由が、彼との間にあるのかもしれません。

その理由を自分で探してみるのもよいでしょう。そして正直にパートナーに話しをしてみましょう。

私は交友関係の広い彼を持っていた時、とても不安でした。私と一緒にいるのは夜寝る時だけ(平日、休日共にです) 彼の価値観から言うとそれは普通のことで、周りの人間も同じようにそうしているし、以前付き合っていた彼女もなにも言わなかったため、それが相手に寂しい思いをさせるとはつゆほどにも考えていなかったのですね。

私が自分の気持ちを正直に告げると、彼はそれから時々私との時間を作ってくれるようになりました。気持ちが満たされた私は、彼が友達の家に遊びに行く時快く送り出すことができるようになりました。

ただしいつもいつも不満や不安を口にすると、一緒にいる相手は辛くなってしまうのも事実。伝え方も重要です。「〜〜されるのは不安だ」と「〜〜されると寂しい」と告げてしまうと「自分と付き合っていることが不満なのか」と捉えられることもあります(これも相手の受け取り方次第ではあるのですが)

週に一度は必ず自分達の時間を作る、こうしてくれたら嬉しい、とポジティブに気持ちを伝えると相手はあなたの気持ちに答えたいと思うようになります。

自分の幸せについて考える

恋愛依存に陥ってしまうと、どうしても相手に幸せにしてもらおう、自分の不安を取り除いてもらおうと考えてしまいますが、もしもパートナーがいなかったらどうでしょうか?

自分にしか自分を幸せにできないはずだし、一人で問題を解決するしかない。寂しい気持ちとも、一人で戦わなければならないはず。

けれどこのスタンスはパートナーがいる時も同じであるべきなのです。

相手がどうであれ、自分を幸せにするのは自分。自分の問題を解決するのも自分。全て自分から始まって自分に終わります。パートナーがこうだから自分は幸せになれない、と言うのは言い訳で、単に自分がどうやったら幸せになれるか考えたくないだけなんです。

まずは自分がどうやったら幸せになれるか考えましょう。一人でできることで、かつ、今からでも始められることがいいです。自分一人を幸せにするのは一人でもできることです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました