恋愛が気持ち悪いと思う原因と解決策

恋愛・結婚

恋愛が気持ち悪いと思う原因

恋愛が気持ち悪いと思う原因はそんなに多くはありません。経緯は様々かもしれませんが、多くの場合は「本能的」に男性を選別しているか、「過去の失敗」からなんらかのトラウマを感じて気持ち悪いと感じているはずです。

異性が気持ち悪いと感じている

恋愛自体にと言うよりも、異性に対して気持ちが悪いと感じる女性が多いのではないでしょうか。

それもそのはず、女性は男性に対して嫌悪感を抱きやすい生き物です。それは女性が優秀な遺伝子を選ぶ為の生存政略とも言えるので、仕方のないことであったりもします。

もしもパーソナルスペースに入った異性に対して嫌悪感を抱くようであれば、それは恋愛対象として見ることができない相手であると認識し、それ以上は深く考えなくて大丈夫です。

恋愛している自分に抵抗がある

恋愛は外見も性格もいい人がすると言う固定概念を持っている、あるいは自分を卑下しているタイプに多いかもしれません。

これは恋愛をして失敗するのが怖い人にも言えることですが、過去に何か恥ずかしい体験をして、その後素直に恋愛できなくなってしまったのではないかと考えられます。

恋愛をして失敗するのが怖い

本来なら恋愛をして失敗するのが怖かっただけのはずが、いつのまにか気持ち悪いと言う感情に変換され、逃げる理由にしている人もいます。

今までの失敗経験から男性や恋愛に苦手意識を持ってしまったことがきっかけで恋愛自体を嫌悪する対象になってしまうことに。

接触、性的行為に嫌悪感がある

こちらも過去異性と接触したことがきっかけでトラウマになってしまった人などに見られます。痴漢、セクハラでもそうですし、さりげない異性との接触でもトラウマになる場合もあります。

解決策

嫌悪感を抱いているものに意識を傾けすぎない

どんなものも、嫌悪感を抱いているものに強く意識をしすぎると、もっと嫌悪感を強くさせることがあります。忘れようと思ってもできなかったり、ネガティブに考えたくないのに悪い方に考えてしまうのもそういうことです。

恋愛をすごいものと思わない

恋愛を何か特別なもののように考えない。あるいはとても汚いもののように考えないこと。

恋愛は特定の人と付き合いを深くする、ただそれだけのことです。

別にそれができなかったから、失敗したからと言って何も悪くはないし、あなたの人生が変わるわけでも、ましてや死ぬわけでもない。

友達作りの延長と思えば、もう少し気軽に恋愛ができるかもしれません。

恋愛の嫌悪感は恋愛で癒す

トラウマは、新しい成功体験によって払拭されます。

なので恋愛が気持ち悪いのであれば新しい恋愛をするべし、と言いたいところなのですが

心の傷が癒えないうちから恋愛を無理にする必要はありません。逃げることも一つの選択肢です。

けれど本当は自分がどうしたいのか、と言う答えは自分自身が見つけなければなりません。

ずっと恋愛を避け続けて自分が幸せになれるかどうか、それはあなたにしかわからないことです。

深刻であれば専門家に話しを聞く

友達に話しを聞いてもらうと言うこともありますが、あまりにも悩みが大きいのであれば専門家に話を聞いてもらうほうがいいです。普通の人からは考えられないようなアドバイスをもらえることもあります。

専門家に話しを聞いてもらうと思うと何か辛いアドバイスをされるのでは、と構える人がいるかもしれませんが、全くの逆です(個人差はあるかと思います)

私も何度かカウンセラーに話しを聞いてもらいましたが、彼らは話術が匠で、カウンセリングが終わった後はとても前向きになろうと晴れやかな気持ちで次の日を迎えることができます。

日常生活に支障をきたすほど症状が重いようであれば、思い切って臨床心理士に話を聞いてもらいましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました