トントン拍子に進む恋愛に共通している点

恋愛・結婚

世の中たくさんの恋愛がありますが、中でも私が羨ましいなと思うのはトントン拍子に結婚までゴールインしてしまうような恋愛。それには共通点があるようです。

タイミングが同じ相手

会いたいタイミング、連絡するタイミングがぴったり重なる相手とは、付き合い初めても波長が合い、同棲から結婚までトントン拍子に行くことが多い傾向にあるようです。

そういう相手とは一緒に暮らしていても波長が合うのでストレスなく幸せに暮らせることができます。

逆にどんな理由があってもタイミングが合わなくてイライラしてしまう相手とは、あまり縁がなかったと言えるかも。魅力的な人だからと深追いをしない方が懸命かもしれません。

ドキドキよりも安心感

恋は盲目、と言いますが、恋愛をしている時は相手の悪いところが見えなくなります。

そして恋愛感情が薄れてくると、相手の嫌なところに目がいってしまい、一緒にいるのが辛くなります。

しかし一緒にいてドキドキする相手よりも、どこか安心感のある相手を選ぶと、刺激的な恋とは遠ざかるかもしれませんが、不快感もないので長く一緒にいたいと思えるようです。

長く誰かと付き合いたい時は、ドキドキよりも安心感で選ぶといいかもしれません。それが結果的に良い恋愛へと発展するはずです。

相手に不安要素がない

トントン拍子に行く恋愛には、不安要素がありません。

相手に対する不満もなければ、相手の愛情を疑うこともありません。

もしもその人に不安要素があったとしてもそれを一緒に解決していこうと思える人なら大丈夫でしょう。

一緒にいると楽しい・ポジティブになれる

不安要素と似ていますが、一緒にいてポジティブになれる相手との恋愛はトントン拍子に進む恋愛と言えると思います。

逆に一緒にいてネガティブになってしまう相手は、一緒にいても辛いだけですよね。案外そういう相手と付き合っている人が世の中には多いんです。

一緒にいてポジティブになれる相手と言うのは人それぞれ違います。自分にとってはポジティブな人と思っても、違う人からするとちょっと大げさな人に感じたり、ポジティブってあくまで自分の主観でしかないんです。

友達からこの人はポジティブな人だからと言われたから会ってみたけれど、実際会ったら緊張した、気を使ってしまった、会話があまりはずまなかったなどのネガティブな方に目線が行くようであれば、その人はあなたにとってポジティブな人ではなかったということです。

仕事もプライベートも上手くいっている

仕事やプライベートも上手くいっている人は、恋愛でもトントン拍子になるようです。

逆に仕事やプライベートが上手くいかない人は、恋愛を拠り所にしてしまうために上手く行かないことが多いのかもしれません。

もちろん恵まれたパートナーに出会ったことで、仕事が上手く行くようになったと言う人も中にはいますが、理想のパートナーを見つけることと、仕事とプライベートを楽しむこと、どちらの方がコントロールしやすいかは言うまでもありません。

案外目の前のことに一生懸命に、楽しむことで、恋愛も上手くいくようになるのかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました