解決策が見つからない時にやってみて欲しいこと

人生・生き方
スポンサーリンク

仕事でも人生でも人間関係でも、どんな問題でも解決策が見つからない時があります。悩みすぎて辛くなることもしばしば……でもそれって案外よくあることです。

問題が解決しない時の解決策

無理に解決しないで距離を置く

その時には出なかった答えが、距離を置くことで出てくることがよくあります。

これは普段私達が問題点に目を近づきすぎて、何が問題なのかもわからなくなっていることが原因です。

私はこれをよくデッサンに例えます。デッサンは、目を近づけて書くとどこが歪んでいるのかわからなくなりますが、遠ざかることで歪みに気がつくことができます。

また、どうしても上手く行かない絵は、一日寝かしてみると、何が悪いのかに気がつくことができます。

何か上手く行かない、解決策が思いつかないと言う時は、とにかくその時に無理に解決しないで、少し距離を置くのが良いです。

普段と違うことをする

これは先ほど話した距離を置く、と言うこととほぼ理由が同じです。

視点を変えるためにわざと違うことをしてみると、思わぬところからよい解決策を生み出すきっかけになります。

とにかく何かに悩んで迷宮入りしてしまった時は、気分転換をした方がいいと言うことですね。

悩んでいることを書き出す

自分が何に悩んでいるのかと言うことを書き出して行くことです。

悩むことのリスクは、膨大な時間を奪ってしまうこと。これはあまりよくないんですね。悩んで前に進まない時間は自分の成長にも成果にも繋がりません。

なので、何に悩んでいるのか、それは今すぐにしなければならないことなのか、を書いて情報を整理しましょう。今しなければならないことでないのなら、後回しにしてもOK

今すぐに行動すれば解決できることならすぐにやってしまう。

悩むくらいなら全てやってしまいましょう。やらない後悔よりやった後悔の方が経験値が身につきます。失敗した経験は負の遺産にはなりません。

人の意見を聞く、本を読む

効果的なのに意外と見落としがちなのが、人の意見を聞くと言うこと。

周りに聞ける相手がいないと言う人は積極的に人とコミュニケーションを取れる場に参加することで、新たな発見や解決策が閃くことでしょう。

また本を読むと言うのも、非常に効果的です。

本は、たくさんの人がたくさんの時間をかけてつくるものなので、ウェブ上では読むことのできない質の良い情報を手にいれることができるメディアです。

成功者の多くは読書家であることが知られています。知識は読むことで複利のように積み重なると言ったのは投資家のウォーレンバフェットですが、全くその通りで、知識と言うのは積めば積むほど資産になりえます。そして知識のよいところは人に盗まれることがないと言うこと。

日々新しい、良質な情報に触れることは問題解決への早道かもしれません。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました