アイデアが浮かばない時にやるべきこと

人生・生き方
スポンサーリンク

ブログの記事や企画、どんなことにもアイデアって必要ですよね。

でもいざ自分で行動を起こそうと思った時、以外とアイデアって思い浮かばない。不思議に思ったことはありませんか?

アイデアが浮かばない原因

インプットの量が足りてない

アイデアはどこからともなく自分の頭から浮かび上がってくるのではありません。

自分が今まで見て来たものの中から脳が選択しているだけにすぎないんです。

なのでインプットの量が多ければ多い人ほどたくさんのアイデアが浮かびます。

もし色々迷ってしまってなにも思い浮かばなくなった時は、思い切ってインプットをしてみるのが良いかもしれません。

質の良いインプットをしていない

インターネットの普及により、今は様々な情報が溢れ返っています。

その中には自分にとって価値のない情報も多分に含まれていることでしょう。

質の良い情報は、自分で取捨選択しなければ入ってきません。SNSを使い慣れている人ならわかるとは思いますが、自分がなんとなしに見ている、あまり自分にとって価値のない情報を追いかけるのはやめて、質の良い情報を、決まった時間にのみインプットするようにしましょう。

毎日同じことを繰りかえしてる

人間の脳は、同じことを繰り返せば繰り返すほど、その情報が重要で他の情報に目を向けなくなる特性があります。従って、常に同じことを考えていると、どうしても頭にブロックがかかったように違うことを考えられなくなります。

新しいアイデアを作り出すには、自分の思考のループから飛び出す必要があります。

解決方法

アイデアをストックする

また、良い情報を目にした時、自分にとってどうしてその情報には価値があると思えるのか。手帳にメモをしておくとあとでアイデアとして出しやすくなります。

インプットを意識したアウトプットと言うやつですね。今すぐには役に立たないアイデアでも、後々使うことになるかもしれないアイデアです。ノートに記入して一度はアウトプットすることにより、より情報が脳の引き出しから出やすくなります。

とにかく体を動かして外の景色を見る

人間の体と脳の状態は一致しています。

体が硬くなれば脳も萎縮しますし、目の前のものばかり見ていると視野が狭くなり豊富なアイデアは生まれません。

机の前でひたすらにウンウンと悩む時間を繰り返すよりは、思い切って外の空気を吸い、酸素をたくさん取り込むようにしましょう。歩くことで血流もよくなり、より脳を活性化させます。

新しいことをする

日常に些細な刺激を与えてあげると、脳が活性化されます。今まで話さなかった人と話す、新しいお店にいく、旅行をしてみる、新しいことを学ぶ、新作の映画を見る、本を読む、なんでもいいので、新しいことを取り入れて見てください。

日常と違うことにお金と労力を使うだけで、それが自分の資産になると思えば、どんなこともやってみようかなと思えるのではないでしょうか。新しいことをすると言うのはそれくらいにあなたの人生に価値のあることです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました